会議で使用するレーザーポインターの赤い光をカラスに照らすと逃げ出しますか?

最近のレーザーポインターグリーンは光が目に当たったりすると目を傷める危険性から、以前よりは光が弱くなったようですが、赤い光をカラスの目に向けて照らすとカラスは驚いて逃げると聞きました。朝ゴミ出しするとカラスがやってきてゴミを散らかし困っています。ホウキなどで追い払うのですが、近くまで行かないと平気でいます。レーザーポインターを使用できませんか?

レーザーは目を傷める恐れがありますので、人と動物の目に向けて照射しないほうがいい。

だが、会議で使用するled付きレーザーポインター の出力は低いで1mw未満ですから、チラッと目をあったら大丈夫です。カラスを追い払うのに適用かもしれない

空気中のちりが多く軌跡が見えることはありえますが、昼間に同じものが見えるはずないでしょう。遙かに大出力のコンサート用レーザー(どのくらい大出力かというと、単位にミリがつかないレベル)でも昼間の屋外じゃなんも見えません。

会議用レーザーポインター

どんな大出力のカラスレーザーポインター格安でも、普通に空中に照射しただけではレーザーの軌跡は見えません。コンサート会場などでレーザーの軌跡が見えるのは、「スモーク」という軌跡が見えるようにするための特殊な薬品を空中に散布しているからです。

建設した人工衛星測距レーザーステーションの写真です。月ほどではなく、2000Kmくらいの高度で地球を周回している測地衛星が対象ですがね。レーザーポインターブルー はルビーではなくYAGですが。こういうデーターを国際測地網で、各国の間でデータ授受しているのです。原子時計の時間を元に、遠く離れた海外のレーザー基地局と三角測量やって、座標をcm単位で割り出すんですから。それがすべて自動で行われているんですから。各測地衛星の高精度軌道予測で日中観測も可能になるなど、同ステーションは現代技術の粋を集めたものです。 (0)

スポンサード リンク

超強力レーザーポインターから放出されたレーザー光は、たとえ小さな放出量で あってもパワー密度が高く、人体に有害となる場合がありま す。わが国では、レーザー製品によって使用者に障害が発生す ることを防止する目的で、国際電気標準(IEC)の基準をもと に日本工業規格「レーザー製品の放射安全基準」JIS C 6802 が規定されています。 JIS C 6802ではレーザー製品をその危険度に応じてクラス 分けし各クラスごとに必要とする安全対策を規定していま す。

超強力3W緑色 レーザー

クラス 危険評価の概要

クラス1 設計上本質的に安全である。

クラス1M 低出力(302.5~4000nmの波長)。 ビーム内観察状態も含め、一定条件の下では安全である。 ビーム内で光学的手段を用いて観察すると、危険となる場 合がある。

クラス2 可視光で低出力(400~700nmの波長)。 直接ビーム内観察状態も含め、通常目の嫌悪反応によって 目の保護がなされる。 クラス2M 可視光で低出力(400~700nmの波長)。 通常目の嫌悪反応によって目の保護がなされる。ビーム内 で光学的手段を用いて観察すると、危険となる場合がある。 クラス3R 可視光ではクラス2の5倍以下(400~700nmの波長)、可視 光以外ではクラス1の5倍以下(302.5nm以上の波長)の出力。 直接ビーム内観察状態では、危険となる場合がある。

クラス3B 0.5W以下の出力。直接ビーム内観察をすると危険である。 ただし拡散反射による焦点を結ばないパルスレーザー放射の 観察は危険ではなく、ある条件下では安全に観察できる。

クラス4 高出力。危険な拡散反射を生じる可能性がある。 これらは皮膚障害をもたらし、また、火災を発生させる危 険がある。

カラスの撃退法レーザー光の安全基準は各国・地域により異なりますが、以下欧州および米国のレーザークラス分類の定義をご紹介します

欧州(EN60825-1) 。実際の適用については必ず規格原文をご確認ください。

クラス 定義 クラス1 稼働時に予見できる合理的な条件下で安全なレーザーポインター

クラス2 波長レンジが400nmから700nmの範囲の可視光放射のレー ザー。通常、まばたきを含む反感応答で目への保護が達せら れる。

クラス3A 肉眼での観察が安全なレーザー。波長レンジが400nmから 700nmのレーザー放射に対しては、まばたきを含む反感応答 で保護が達せられる。その他の波長では、肉眼への危険に 対しクラス1以下である。光学補助具(例:双眼鏡、望遠 鏡、顕微鏡)を使ってのクラス3Aの直視は危険である。 クラス3B これらのレーザーの直視は常に危険。拡散光の観察は通常安全

クラス4 拡散光であっても危険な放射のあるレーザーポインター緑。皮膚への負傷 の可能性や、発火の危険の可能性あり。取扱には厳格な注 意が必要。

http://immtweet.com/blogs/1608 (0)

レーザーポインターおすすめ が目的で買いました

似たような機能の商品でボタン電池使用は沢山有りますが単三電池使用は見当たらずコレが一番安かったので即決

仕事柄、客先でプレゼンをよく行うので便利です

ブラックライトは今のところ使用目的が分かりませんが悪い商品ではないです

でもコスパは良くないですね

これ一つでポインター、ブラックライト、懐中電灯の3役はすごいです。ブラックライトの出番はほとんどないのですが赤いポインターはにゃんこ達が大興奮して走り回ってます。5メートル先でもちゃんとポインターとして使えるので飼い主は座ったままにゃんこ達を運動させられます。楽ちん。

懐中電灯は家具の下に入ってしまったにゃんこのおもちゃ探しに使えます。

猫用レーザーポインター 中華サイトから購入しました。送料無料便だと結構安く入手できます。ただし何時届くかわかりませんけどw。携帯小型懐中電灯・猫じゃらし付きと考えると、まあまあ良い品だとおもいます。これで人見知りする子猫ちゃんを懐柔してやりましょう。ブラックライト、今のところ用途が思い浮かばない。

レーザーポインター 通販

超人気レーザー 8in1満天の星キャップ

http://immtweet.com/blogs/post/1608 (0)

それとも、グリーンレーザーってみんな冷えたりすると使えないものなのでしょうか。

冷たいといっても、10℃くらいはあると思います。が、光りません。

レーザー 改造

どのグリーンレーザーも、20~30℃でないと最大出力を発揮してくれません。

グリーンは特に熱に影響されやすいです。新品の電池でも、合計して10分位使用して、1時間ほど放置すると、

ほとんど光が見えないまでに出力低下します。手で温めると戻りますが。

高出力レーザーは人肌に温めた温度が、一番調子よく出ます。

結論として、自分の知る限り安定してレーザー光が出力できる

現場用レーザーポインターは知らないです。。

(知らないだけであるかもしれません)

確かにグリーンは見やすいのですが、安定した出力を求める場合は

赤色レーザーをおすすめします。

プレゼン用でないなら海外サイトから5mWのグリーンレーザーを買うことをおすすめしますが、

5mWは目に入ると視力低下するため、プレゼンで使うには危険です。

(ちなみにこれも熱に影響されやすい)

グリーンレーザーは他の色と違い、構造が複雑なので

大体どれも熱に影響されやすいです。

その上、グリーンレーザーの仕組み上熱を発生しやすく

少し長く点けていると、これはこれで出力が落ちたり部品が溶けたりします。

高級なものや、大きめの構造は大丈夫かもしれませんが

これも自分で買ったことがないのでおすすめできないです。。

元々レーザーポインター鳥駆除は春~秋に使うものなのかもしれません。

ちなみに、温めるなら前部です。

電池が入っている後部はあまり意味がありません。

他の手として、海外サイトから手のひらに収まるくらい小さなレーザーを買うか、(日本では販売禁止)

エアコンで室温を20~30℃に温めるかだと思われます。 この場合の「明るい」というのは「見えやすい」という意味で、

遠くまで届くという意味ではありません。

人間の目は、緑が一番見えやすく青は見えにくいようにできているので

緑レーザーのがブルーレーザーポインター より「見えやすい」んです。

光(レーザー)には波長があり、波長で色が決まります。

青(紫みの青)(波長:445~485nm)、

緑(波長:500~560 nm)

赤(波長:625~740 nm)

ですが、人間の目は555nmが一番見えやすく、そこから波長が離れるほど見えにくくなるんです。 (0)

緑色 レーザー クラス 安全 に詳しい方お願いします。

200mwのグリーンレーザーを持っています。

購入当初は壁に当てると、一点だけ照射されてたのが、

今は照射されてる点の周りにグリーンのレーザー光が

斑に?映ります。

レンズの汚れでしようか?

ポインターに調光等はついていません。

調べてもわかりませんでした。

購入して2ヶ月位です。購入当初より光量もよわいです。

斑模様は治るんですかね?

一応信頼レーザーポインター を持っていますがそのような経験は

ありません、ですが光量が弱いのは電池が劣化してるからではないですか

あと斑みたいに映るのはレンズの汚れかもしれません

綿棒で掃除してみてください、しかし普通は2ヵ月でそのようなことには

ならないはずです、そこで以下の所に心当たりがないか見てください

・落としたりした(発光部分に傷が付くことがある)

・電池を入れっぱなしにした(微弱電流が流れているため電池

の減りが早い)

・発光部分を太陽に向けた(集点によって発光部分が焼けることがある)

・熱いところにのせた(電池が発熱し発光部分を損傷させることもある)

・基盤をいじったことがある(基盤がショートして光量が低下することもある)

・雑な扱いをした(壊れるリスクが高くなる)

・水に入れた(ショートして機能が低下する

人気のレーザーポインターセール

レーザーポインター星観察

http://konomi.me/I0007616

http://川口あんてな.com/matome/732

  (0)

レーザーの色によってもかなり違ってきます。

レーザーポインター青色で一番明るいのはグリーン、その次にイエロー、その次ブルー(水色っぽい)、その次レッドと濃いブルーその次パープルだと思います。(僕の予想ですが)

人間の目に一番明るくみえる波長が555nm(ナノメートル・・・光の振動?の幅です)です。

グリーンは532nm、イエローは589nm、水色は473nm、レッドは650nm、、濃いブルーは450nm、パープルは405nm、赤外線は800nm以上、紫外線は300nm以下などです。

1mwは日本で認可されている出力です。特に1mwのレッドはプレゼンなどで多く使用されていますね。

1mwレッドの場合は、空気の澄み具合にもよりますが、夜間では約60~200mくらいまで到達しているのが肉眼で確認できます。

20mwのレッドの場合は4kmくらい、グリーンなら10kmくらいです。

50mwのレッドは8kmくらい、グリーンは30kmくらい

100mwのグリーンは50kmくらい

1000mwともなればグリーンは400kmくらい届くと思います。

数百mくらいなら肉眼で確認できますが、数km以上のものは推測などです。

クラス値や最大出力値、波長の表示

レーザー光線を直視しない、人に向けない旨の日本語による注意表記(外国語表記は不可)

その他:秘匿性の高い形状(手中に収まる・ほかの文具に偽装等)は不可。たとえば普通のボールペンと見分けがつかないようなものは不可。

そして①の具体的なカラスの撃退法レーザーの作り方ですが次のものがいいと思います。

・グリーンレーザーダイオード(LD)を購入し、電源回路につないで作動させる。

これが一番現実的な方法ですが、高出力の緑レーザーポインターを作ろうとしている場合はLDが入手しづらく入手できたとしてもかなり高めです。(低出力のグリーンLDでも赤色LDと比べればとてつもなく値段が高い)そしてLDは半導体ですので熱や静電気に弱く壊れやすい。安定化された電源を使わなければならないなどの欠点もあります。購入は電子部品を販売しているサイトやヤフオクなどで検索すればたくさん出てきます。高出力なLDを手に入れるにはLDを使った製品をばらして取り出すというのもいいかもしれません。電源回路の製作方法や、LDの端子接続方法などはデータシートやGoogleで検索してみてください。

http://www.buyshopes.com/laserpointer-boca.html

レーザーポインター猫用 (2)

とりあえずそれらのものをつけるのに必要な条件は

1、マウントレールがあること

2、サイドレールがあること

3、サイレンサーに対応しやすいバレルが逆ネジタイプのものであるということ

だと思います。

今回は電動ガンといことなので東京マルイに限定して紹介します。

上に述べた全ての条件を箱出し状態でクリアしているのはM4 S-SYSTEMだと思います。剛性も高いうえ最初から4面レールがついているのでアイテムをつけるには楽だと思います。(写真は私が以前使っていたものです。)ただ、定価は4万円をオーバーしているのでちょっと高めです。

同じ系統としてSR16もオススメします。

ラージバッテリーが入りますし、結構人気の機種です。

後はMP5 R,A,Sですかねw割と標準的なコストの商品ですし小柄な人でも扱いやすいと思います。それにダットサイトも標準装備されてますから使いやすいと思います。

たぶんこの3種がカスタムしやすいと思います。

ちなみにサイレンサーをつけるならマルイ製の製品ならだいたいどれを選んでも大丈夫です。ただ、電動ガンでサイレンサーは静音カスタムと併用しないとあまり意味がない気がします。 まぁ、コスト的に上に上げた2種から選ぶのもいいし、AKやM14にサイドレールなどを後からつけるものいいし好みによると思います。ただ、コストを抑えるなら上の3機種がいいのではないでしょうか?

マンションの我が家も向かいの戸建ても小中学校の至近なのですが、夕方、向かいの戸建てから中学生女子が通る度に足元に赤い超強力レーザーポインターを照射されると、中学生の間では噂になっています。

ちょっと気持ち悪いです。

緑色の光が暗視できるようなものだったら、夜中に覗き見されているようで不気味です。緑色の光の正体はなんだと思いますか?

レーザーポインター 通販   レーザーポインター猫   led レーザーポインター (0)

高出力レーザーは現状は破壊手段というより、衛星に搭載してICBMの姿勢制御装置に外乱を与え、目標に到達出来ないようにする。案外実用化済みで、手の内を見せないだけかも。

レールガンはyoutubeでも見れますが、高速ゆえ迎撃目標への到達時間の短縮と運動エネルギーの飛躍を期待出来る反面、レールガン弾頭自体を姿勢制御する技術に課題があるでしょう。しかし、これも小型の弾頭を多数同時射出すれば、ICBMの制御を損傷させる位は可能だと思われます。

レールガン/猫用レーザーポインターどちらも、発想を転換してICBMの破壊というより弾道に影響を与えることを考えれば、巨大な電力は必要ないはずです。

高出力レーザーなら沖縄から米軍が撤退しても、

自衛隊だけでも守れるでしょうか。

段階的牽制などと言われますが、

青レーザーポインター なら当てずに牽制することも出来ますよね。

宇宙空間からの超長距離レーザーとかなら、さらに安心です。

レーザーの存在をどうにかして分からせて牽制するのです。

強力レーザーポインターが実用化されれば、飛来する弾道核ミサイルの完全な空中撃破が可能になる。ICBM 核弾頭 は 無意味になる 故にICBM は不必要

現在のMDは、迎撃ミサイルにより、超高速で飛来する弾道ミサイルを直撃して撃破するため、目標の未来位置を算定し、その方向にミサイルを誘導しなければならない。しかも核弾頭を確実に破壊するためには、弾頭部に直接命中させる必要がある。

しかし、目標となる弾道ミサイルの速度が速くなり、高度が高くなるほど、迎撃ミサイルには、短時間の加速性能と迎撃に必要な到達高度を保証する強力なエンジン、目標誘導のための急旋回を可能にする運動性能、最終的な命中部位確認のためのセンサー、未来位置を計算するためのミサイル搭載用高速コンピューターなどを備えなければならない

赤外線照準装置

超強力レーザーポインター (0)

スパイのようにレーザーポインター青色に当たらないように潜り抜けていくゲームということは、出力の高いレーザが必要なので事故の原因になります。シロートじゃ不可能です。

スパイの暗視ゴーグルを模して、VRでレーザトラップを実現するほうがまだ現実的ですが、今からじゃ時間がないと思います(技術的なレベルでも、資金的なレベルでも)。

VR ゴーグルはスマホ型にするにしても、開発環境を作るところから始めないとダメなのでやっぱり、シロートには不可能です。

レーザーポインター 自作 じゃなくて、紐にするのが良いと思います(ワールドトリガーのスパイダーを模したモノにすればよいでしょう)。

自作レーザーポインターや自作コイルガンは猿並みの知能じゃできません。

断言します。あなたはパソコンをバラバラにするだけで終わる。

99%作れないと思うし、その知能でレーザーポインター自体持って欲しくない。

人の目に入ったらとんでもなく危険ですからね。

いいですか。あなたはレーザー指示棒 自体持たないことをおすすめします。

アホが危険な物を持つと大惨事になることがありますからね。

で、お前は作れたのか?と聞きたいかもしれませんが、もちろん作れます。

充電式 レーザーポインターは苦手なのですが、曲げることは割と簡単にできますよ!

基本的にレーザーはSetShotのレベルになります。

CreateShotをマスターした後のレベルです。

質問者様がどの程度の力を持っているか、私は把握していないので、難しすぎ!とか簡単すぎ!とかだったら言ってくださいね!

http://blog.doctissimo.fr/zjiayou0811/

http://zjiayou0811.amsstudio.jp/inspection.html (0)

ファイバーレーザーなどの高出力のレーザー径は数ミクロンだとか、かなり小さいですが、逆に照射面積が大きいレーザーや点ではなく線で照射できるレーザーはないのでしょうか??

レーザーポインター

高出力ブルーレーザーポインター は既に実戦配備段階ですか?

少なくとも時間の問題だと思うので、

レーザーで迎撃できれば、

中国がどれだけ基地や戦闘機やミサイルを並べても、

ほとんど無力化できますよね?

〇レーザーは長距離だと拡散しますからね。(10mで数ミリ拡散しますからキロ単位になるとm単位の拡がりになります。)

◇高出力レーザーを目標に上手く収束させないと威力が発揮出来ない。

◇レーザー兵器は理論確認段階と言う所でしょうか?

◇瞬間的に到達するが長距離の目標だと威力が弱い。(レーザーを収束させる技術が未確立です。)

レーザーポインター外国製迎撃構想は半世紀前から存在しますが、弾道弾迎撃には比較的簡単に対策されてしまう(ミサイルを回転させることで照射点を絞らせない、鏡面処理や蒸発性金属で照射熱を奪い光を散乱させる)ため具体的な実用化はかなり先か、あるいは難しいとされます

赤レーザーは色覚異常の方には見えないという弱点がありますが、眩しすぎず緑レーザーほど不安定ではないという長所もあります。

なので普通にプレゼンなどで使用するには赤が無難です。

強力レーザーポインターは人の目に見えやすいという長所があるので、天体観測向きです。

広い会場で大人数を相手にするときにも使えるかもしれません。

ただし光点が眩しすぎるのでかえって見えにくいこともあります。温度変化にも弱く不安定です。

PSCマークのついたものが比較的安全ですが、中にはPSCマークをつけた高出力レーザーポインターカラス 撃退 もあるので、どのレーザーポインターでも人の目に向けるのは厳禁です。

http://blog.eigyo.co.jp/zjiayou0811/

https://www.eurovisionfamily.tv/user/zjiayou0811/blog/read?id=379521 (0)

スポンサード リンク